歯科での処置

親知らずと付き合っていくために

親知らずと言えば、10代から大人にかけてまで多くの人が悩まされる、場合によっては痛みを伴う歯の一種です。これは全ての人にあるわけではありません。しかし、親知らずが生えている人であれば、大抵の場合は抜歯等の処置を行う必要があるのです。それは、既に生えそろった歯の隣に生えてくるものなので、歯や歯茎、顎の変形をひき起こす可能性があるからです。無理に生えてきた親知らずが、真っ直ぐにおとなしく並んでいるはずがなく、大抵の場合は他の歯や歯茎に無理な力を加えるように歪んで生えてしまうのです。そのため、他の部分への悪影響を避けるために抜歯してしまうことが薦められています。我慢して放っておくとひどい痛みになり、歯茎を切ったり、くだいたりといった荒めの治療が必要になるのです。

抜歯をすることの必要性

できるだけ無理な抜歯を避けるためには、親知らずが生えてきた時点で抜歯の必要性があるのかどうか、歯科医に診断してもらうことが望まれます。場合によっては、横向きに生えてくるものもあり、見た目にも本人の感覚にも大きな違和感が生じるケースもあります。また、奥の方にあるために磨き残しになり、虫歯が出来てしまう可能性も大きいと言えます。一生付き合っていく歯を大事にするためにも、他の歯や歯茎、顎等が変形したり傷んだりする前に、抜歯等の治療を行う必要があるのです。 また、抜歯をした直後は強烈な痛みが生じるために、薬なしではいられません。それほど大掛かりな治療となるのです。しかし、その痛みを心配して治療を遅らせれば遅らせるほど、症状は重くなり、治療も困難になっていきます。