永久歯が揃う頃に

放っておくとよくない場合もあります

歯並びが悪くても、「病気でもないし大丈夫。」と放っている人も多いことでしょう。しかし、ちゃんと歯科矯正をした方がよい場合もあるのです。 例えば、上あごより下あごが前に突き出している反対咬合の場合、「見た目がよくないだけで特に不自由もないから大丈夫。」と思っている人が意外と多いのです。 反対咬合の場合は遺伝の場合が多いので、なおさら放っておかれることがあるのです。 しかし、あごがずれているので当然歯並びもずれています。かみ合わせがよくない場合も多いのですが、長年それで慣れているだけで本当によく噛めているかどうかは定かではありません。子どものうちは平気でも、大人になってから不都合が生じてくる場合も多いのです。

歯科矯正も変わりつつあります

歯科矯正は、永久歯が生えそろう頃に始めるのが良いとされています。ですから小学校高学年になる頃に、矯正歯科医に相談してみましょう。 ちょうど思春期のころに始めることの多い歯科矯正ですから、当然矯正器具が気になって始める勇気が持てない人も多いのです。最近はそういった人の悩みに合わせて、透明で目立たない矯正器具もあります。そばに行かないと治療をしているとは気づかれません。また通常の治療では、歯の表面に器具を取り付けるのが一般的ですが、歯の裏側に取り付ける方法もあります。ワイヤーだけが見えるだけで、歯科矯正をしているとは気づかれにくいのです。 またカラータイプの器具をつけて、歯科矯正をしていることをメリットに変えている人もいます。